このエントリーをはてなブックマークに追加

高性能ノートパソコン「ThinkPad T440p」のNVIDIA付きバージョンを試運転する機会を頂けましたので、こちらでレビューしてみることにしました。

↓「ThinkPad T440p」販売ページ

「ThinkPad T440p」正面

この子が「ThinkPad T440p」さんです。我が家は本一杯夢一杯(?)なので、今回も大阪のとあるカフェで撮影しております(苦笑)。

ちなみにディスプレイは「14.0型HD+液晶 (1600 x 900 光沢なし)」なのですが、やはりそれでも画像にある程度光は映りこみますね。この辺は仕様なようです。

あと、本体重量が約2.14kgあるだけにそれなりにずっしりとした重さを感じます。

なんかこう「重くて硬いんだぞ!俺は!」的な。(笑)ガッシリとしていて丈夫ですが、長時間にバックに入れて持ち歩くと疲れを感じそうです。

「ThinkPad T440p」右側

こちらは「ThinkPad T440p」の右側面。USBポートが2つとDVDドライブが付いております。

2つのUSBポート同士の間は感覚があいてますので、ごっついUSB型のイーモバイルと組み合わせても問題なく使用可能です。

あと、DVDドライブは「ダミーカバー」と呼ばれる物(写真には無いですが)が付属で用意されており、付け替えることで、重量を落とすことも可能です。

付け替えれば若干は軽くなりますので(本当に「若干」だけど(苦笑))、カフェやマクド等、外に持ち運びをする際に利用すると良さそうです。

「ThinkPad T440p」左側

こちらは「ThinkPad T440p」の左側面。

写真が暗くなってしまったのは安物のデジカメによる副産物と言い訳しておくことにして(←おい)、USBポートやヘッドフォン用のモジュラージャックなんかがこちら側には付いております。

ちなみに写真左側の穴はファン放熱孔です。ここから熱を排出してくれるようです。その影響なのか、このファン放熱孔があるキーボードの上部は若干熱がこもってましたね。

ただ、よほどの長時間の利用でも無い限り、大きな問題は無さそうです。

「ThinkPad T440p」後ろ

続いて「ThinkPad T440p」の後ろ部分です。パソコン用のモジュラージャックとかファン放熱孔なんかが見えます。

あと、「6セル Li-Ion システム・バッテリー」もここに差し込んでいます。(ちなみに写真にはありませんが、9セルにすると見事に出っ張ります)

その他、特にここで解説するようなことも無さそうです。

「ThinkPad T440p」キーボード

キーボードはこんな感じです。

取り立てて大きな特徴はなく(レノボ様曰く「長時間の利用でも快適にかつミスタッチが少なくすむ仕様」らしいですが)、安定して使えるキーボードになっております。

ちなみに写真中央にある赤いボタンは、レノボ様ご愛用のポインティングデバイス「トラックポイント」です。

「キーボード中心に配置され、キーボードのセンターポジションから手を離すこと無くポインティングすることが可能~」とうたっていますが、正直、使ったことがありません(苦笑)。

まあ、でも、レノボの全シリーズで導入されているっぽいですし、好きな人は好きなのでしょう。きっと。

気になる点といえば、一番左下が「Ctrl」ではなく「Fn」なので、人によっては打ち間違いとかもあるかもしれませんね。

「ThinkPad T440p」正面2

しばらくカフェでブログの更新とかで1~2時間ほど使い倒していたのですが、「Ctrl」と「Fn」を押し間違える以外は特に問題なく使い倒せましたよ。

特にYoutubeやニコニコ動画もサクサクと動いていていい感じでしたね。

あとは特に解説するような不満な点も良質な点も無いですね。ちょっと重たいこと以外は特に問題なく使いこなせそうです。

ちなみにNVIDIAが入ってはおりますが、この機体でオンラインゲームをするのは画質を落とさないときつかったです・・・とだけ最後に付記しておきます。

あくまでゲーム以外で利用した方が良いかと。

DVDドライブが標準で付いておりますから、DVDを閲覧する分には非常に良質なマシンかもしれませんね。

「ThinkPad T440p」の感想を一言でまとめを述べるならば「実質剛健で地味だけど、末永く使える堅物ノートパソコン」といったところでしょうか。

「ThinkPad T440p」は「NVIDIA Geforce GT 730M」標準搭載という強力な性能を誇るノートパソコンとなりますから、ご興味がありましたらチェックしてみてもいいでしょう。

↓「ThinkPad T440p」販売ページ

スポンサーリンク