このエントリーをはてなブックマークに追加

とろろ(@tororo05304029)です。こんにちは!

今回は「いやいや!君ら似た者同士過ぎるでしょう!」というぐらい似ている「ideapad Slim 350」さんと「ideapad Slim 550」さんの特徴や違いについて語ってみました!

一応、どちらも高コスパなレノボ製14型ノートパソコンシリーズではあるのですが、あまりにもスペック的に似通っているので、どちらを選んだらいいかが迷ってしまう2機種だったりもします(汗)。

そんなわけで各々の機種の特徴を踏まえた上で「Slim 350とSlim 550の違い」「Slim 350とSlim 550のどちらがおすすめか?」について語ってみました!

どちらを購入しようか迷っている方にとって、多少なりとも参考になれば幸いです。

※なお、今回は比較するにあたって分かりやすくするため「Ryzen 5 4500U・メモリ8GB・SSD512GB」搭載モデル同士で違いを比較をしています。(一応、インテルCPU搭載モデルもありますが、そちらの紹介は除外してます)

↓「ideapad Slim 350 14」の詳細はこちら!

↓「ideaPad Slim 550(14)」の詳細はこちら!

↓「ideaPad Slim 550i(14)」の詳細はこちら!

↓他にもお買い得品多数並んでます!

スポンサーリンク

「ideapad Slim 350」とは?

「ideapad Slim 350」というのはレノボ製14型ノートパソコンシリーズとなります。

その中でも「ideapad Slim 350 14」さんが今現在、税込6万円弱で買える「Ryzen 5 4500U・メモリ8GB・SSD512GB」搭載の14型ノートパソコンとして、絶賛発売中です!

CPU「AMD Ryzen 5 4500U」・メモリ8GB・SSD512GBのスペックを持つ14型フルHDノングレア(非光沢)液晶搭載ノートパソコンがお値段60588円(税込・送料無料・割引込)で購入可能ですから、コスパの高さが半端じゃないですね(汗)。

そんな「ideapad Slim 350 14」さんの詳細なスペックは下記の通りとなります。

製品名(型名) ideapad Slim 350 14
ディスプレイ 14型フルHDノングレア(非光沢)TN液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1920×1080ドット」。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU AMD Ryzen 5 4500U
(2.30GHz・6コア/6スレッド・8MBキャッシュ)
メモリ 8GBです。
仕様:PC4-21300 DDR4 SDRAM SODIMM
記憶領域 SSD512GB(PCIe NVMe/M.2)です。
ドライブ 未搭載です。
グラフィック AMD Radeon グラフィックス
ワイヤレス IEEE802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 5.0
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部出力ポート「HDMIx1」
USBポート「USB3.0x2、USB2.0×1」
4-in-1メディアカードリーダー×1
(SD、SDHC、SDXC、MMC)
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ 幅327.1mm×奥行き241mm×高さ19.9mm
重量 約1.5kgです。
バッテリー
駆動時間
約9時間。なお、充電時間は約3.5時間です。
無料の
保証期間
1年間です。
価格 通常112200円のところ、割引価格60588円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「ACアダプター、保証書」付属
キーボード「84キー(Fnキー+Windowsキーを含む)、JIS配列、
バックライト・キーボード、マルチタッチパッド、
パワーボタン」
WEBカメラ(30万画素・プライバシーシャッター付)内蔵
ステレオスピーカー内蔵
デュアルマイクロフォン内蔵

差し詰め「6万円弱で買えるRyzen 5 4500U&SSD512GB搭載の高コスパな14型ノートパソコン」といったところでしょうか。

新品の14型ノートパソコンとは思えないぐらいコスパの高い一台に仕上がってますね!

では、「ideapad Slim 550」とは?

「ideapad Slim 550」さんも「ideapad Slim 350」さんと同じくコスパの高いレノボ製14型ノートパソコンシリーズとなっています。

その中でも「ideaPad Slim 550(14)」さんが今現在、税込6万円台で買える「Ryzen 5 4500U・メモリ8GB・SSD512GB」搭載の14型ノートパソコンとして、絶賛発売中です!

CPU「AMD Ryzen 5 4500U」・メモリ8GB・SSD512GBのスペックを持つ14型フルHDノングレア(非光沢)IPS液晶搭載ノートパソコンがお値段64108円(税込・送料無料・割引込)で購入可能ですから、こちらも物凄くコスパの高い一台ですね!

参考までに「ideaPad Slim 550(14)」さんの詳細スペックも下記に載せておきます。

製品名(型名) ideaPad Slim 550(14)
ディスプレイ 14型フルHDノングレア(非光沢)IPS液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1920×1080ドット」。
また、IPS液晶なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU AMD Ryzen 5 4500U
(2.30GHz・6コア/6スレッド・8MBキャッシュ)
メモリ 8GBです。
仕様:DDR4-3200 SDRAM
記憶領域 SSD512GB(PCIe NVMe/M.2)です。
ドライブ 未搭載です。
グラフィック AMD Radeon グラフィックス
ワイヤレス IEEE802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 5.1
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部出力ポート「HDMIx1」
USBポート「USB3.0x2、
USB3.0 Type-Cx1
(Power delivery対応、DisplayPort出力機能付き)」
4-in-1メディアカードリーダー(SD、SDHC、SDXC、MMC)×1
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ 幅321.6mm×奥行き211.6mm×高さ17.9mm
重量 約1.45kgです。
バッテリー
駆動時間
約12時間と長持ちです。
無料の
保証期間
1年間です。
価格 通常136400円のところ、割引価格64108円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「ACアダプター、保証書」付属
キーボード「84キー(Fnキー+Windowsキーを含む)、JIS配列、
バックライト・キーボード、マルチタッチパッド、
パワーボタン」
720p HDカメラ(プライバシーシャッター付)内蔵
ステレオスピーカー内蔵
デジタルアレイ内蔵
急速充電機能搭載

はい。「ideapad Slim 350 14」さんとビックリするぐらい似てますね。「あなたたちは双子の兄弟か何かですか?」とツッコミたくなるレベルで(汗)。

ただ、そんな似た者同士の「ideapad Slim 350 14」さんと「ideaPad Slim 550(14)」さんですが、より詳細を見ていくと、実は部分的にですが明確な違いがあったりします。

Slim 350とSlim 550の違いとは?

分かりやすく「ideapad Slim 350 14」さんと「ideaPad Slim 550(14)」さんの間で大きく違っている部分だけを上記の表から抜粋して取り上げると、下記の通りとなります。

製品名
(型名)
ideapad Slim 350 14 ideaPad Slim 550(14)
ディスプレイ IPS液晶未対応 IPS液晶対応
サイズ 幅327.1mm×奥行き241mm×
高さ19.9mm
幅321.6mm×奥行き211.6mm×
高さ17.9mm
重量 約1.5kg 約1.45kg
バッテリー
駆動時間
約9時間 約12時間
その他 急速充電未対応 急速充電対応
価格 60588円(税込・送料無料・割引込) 64108円(税込・送料無料・割引込)

大きく違っている部分だけを表にしたら一気に分かりやすくなりましたね!

つまり、

<ideapad Slim 350 14>
・Slim 550(14)さんよりも本体がやや高く、若干重い
・IPS液晶未対応なので、斜めから画面を見た時の見栄えが若干悪い
・Slim 550(14)さんよりバッテリーの持ちは悪い
急速充電は未対応
・お値段はSlim 550(14)さんより安い

<ideaPad Slim 550(14)>
・Slim 350 14より本体の高さがやや低く、若干軽い
・IPS液晶対応なので、斜めから画面を見た時の見栄えが良い
・Slim 550(14)さんよりバッテリーの持ちは悪い
急速充電にも対応済み
・お値段はSlim 350 14よりも高い

違いを箇条書きでまとめたらこんなところでしょうか。

結局、Slim 350とSlim 550、どちらがおすすめか?

「ideapad Slim 350」シリーズと「ideapad Slim 550」シリーズの違いを比較検討した上で「どちらがおすすめか?」を聞かれたら、よほど購入予算を抑えたいのでない限りは「ideapad Slim 550」シリーズをおすすめします!

「ideapad Slim 550」シリーズはバッテリーもより長持ちで、かつIPS液晶搭載や急速充電対応といった強いメリットがあるからです!

バッテリーは長持ちであればあるほど当然良いし、IPS液晶搭載であれば斜めから見ても画像映りが綺麗ですし、急速充電にも対応していた方が外出先でサクッと充電出来たりと便利ですからね!

今後、何かしらのキャンペーンで「ideapad Slim 350」シリーズが極端に安くならない限りは「ideapad Slim 550」シリーズを選んでおけば、まず間違いは無いのかなと!

最終的にどちらを選ぶかは個々人にお任せしますが、私からは「『ideapad Slim 550』シリーズの方が断然おすすめですよ!」と自信をもって太鼓判を押しておきます!

↓「ideapad Slim 350 14」の詳細はこちら!

↓「ideaPad Slim 550(14)」の詳細はこちら!

↓「ideaPad Slim 550i(14)」の詳細はこちら!

↓他にもお買い得品多数並んでます!

スポンサーリンク