<当サイトのおすすめ!>

  1. 10万円未満で買えるコスパの高いおすすめ高性能ノートパソコン
  2. 税込8万円台でCorei5&メモリ8GB搭載の17.3インチノート~「HP 17-bs000」
  3. 税込7万円台で第8世代CPU&SSD256GB搭載の15.6型ノート~「Ideapad 520」
  4. 7万円台で第8世代CPU&SSD256GB搭載の14型ノート~「ideapad 330S(14)」
  5. 10万円未満で第8世代CPU&SSD搭載の13.3型ノート~「ideapad 720S」
このエントリーをはてなブックマークに追加

m-book-b504e-syoumen1

とろろ(@tororo05304029)です。こんにちは!

今回はAmazonでも絶賛発売中のマウスコンピューター製15.6型ノートパソコン「m-Book B504E」さんの実機をお借り頂く機会に恵まれましたので、早速、大阪のカフェで使いつつ、実機レビューをしていきます。

CPUこそCeleronですが、SSDは240GBを搭載しているこの「m-Book B504E」さん。使い心地の方はどうなのか?密かに気になっていたので、実機に触れる機会に恵まれて嬉しいです!

↓「m-Book B504E」販売ページ

↓公式ページでも絶賛発売中!

スポンサーリンク

「m-Book B504E」の基本スペック

今回レビューした「m-Book B504E」さんの基本スペックです。

製品名(型名) m-Book B504E
ディスプレイ 15.6型フルHDグレア(光沢)液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1920×1080ドット」です。
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Celeron プロセッサー N3450
(4コア/1.10GHz/IBT時最大2.20GHz/2MBキャッシュ)
メモリ 4GB(4GB×1)です。仕様:PC3-12800
記憶領域 SSD240GBです。
ドライブ 未搭載です。
グラフィック インテル HD グラフィックス 500(CPU内蔵)
ワイヤレス IEEE 802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth V4.2
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部ディスプレイ出力「HDMI×1、D-Sub×1」
USBポート「USB3.0×2(左側面)、USB2.0×2(右側面)」
マルチカードリーダー×1
(対応メディア:SDメモリーカード (SDXC,SDHC 含む)、マルチメディアカード)
ケンジントンロック(左側面)×1
S/PDIF×1 (オプティカル/ ミニジャック メス 左側面×1・※ヘッドホン出力と共用)
サイズ 幅377mm×奥行き259mm×高さ22.8mm(折り畳み時/突起部含まず)
幅377mm×奥行き259mm×高さ32.5mm(折り畳み時/突起部含む)
重量 約2.0kgです。
バッテリー
駆動時間
約5.4時間。
無料の
保証期間
1年間無償保証・24時間×365日電話サポート
価格 49347円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「ACアダプター、バッテリー、マニュアル、保証書」付属。
日本語キーボード(107キー/キーピッチ約18mm / キーストローク約1.8mm)
タッチパッド (スクロール機能付き)
WEBカメラ約100万画素内蔵。
ステレオスピーカー内蔵
デュアルアレイマイク内蔵

簡単に言えば「税込5万円未満で買えるコスパの高いSSD搭載15.6型ノートパソコン」ですね。

では、実際の見た目とか使い心地とかはどうなのかを次から見ていくことにします。

見た目は白色メインですね!

m-book-b504e-syoumen2

「m-Book B504E」さんの正面に、

m-book-b504e-top

天板部分です。

見た目は白色メインと言ったところでしょうか。地味過ぎず、派手すぎずのバランスの取れた見た目になっているのがいいですね!

ビジネスバックにもすっぽりと入る程よい大きさ!

m-book-b504e-bug2

ビジネスバックの中に「m-Book B504E」さんを入れると、こんな感じです。バックの中に入れても、まだまだスペースに余裕がありますね!

m-book-b504e-bug1

幅と高さは一般的なビジネスバックと同じなので、普通のバックであれば、丁度「m-Book B504E」さんが収まる大きさになってますよ。

よって、持ち歩こうと思えば、全然、持ち歩くことも可能な15.6型ノートパソコンさんですね!(ただし、約2.0kgあるので、長時間の持ち歩きには不向きですが(汗))

バッテリー本体も小柄です

m-book-b504e-battery

バッテリー本体も15.6型ノート用にしては小型なので、持ち運びはしやすいですね!恐らくは狙って作った大きさなのではないかと!

m-book-b504e-batterytime

「m-Book B504E」さんを自分が実際の使った時の実働時間は約4時間ぐらいだったので、もし丸一日中「m-Book B504E」さんを使うのであれば、バッテリーを持ち歩くことも考慮に入れた方がいいかもしれませんね。(かさばるのが欠点ですが)

液晶の映りは綺麗です!ただし、グレア(光沢)あり

m-book-b504e-screen1

液晶はフルHDなので、素人目でも見ても、見た目は綺麗ですね!

m-book-b504e-screen2

ただ、グレア(光沢)液晶なので、周囲の風景が思いっきり画面に映りこんでしまってます。斜めから見ると、より顕著に写りこんでいるのが分かりますね(汗)。

よって、人によっては目が疲れる人もいるかもしれませんね。(もっとも使い続けていれば、自然と目が慣れていきますが)

ポート類とかは比較的充実してます

m-book-b504e-right

「m-Book B504E」の右側面です。USB2.0ポートにVGAポート、有線LANポートにSDカードリーダーといったものがこちら側に内蔵されてますね!

特にデジカメで撮影した写真をノートパソコンに取り込む機会の多い自分としては、SDカードリーダーが本体に内蔵されているのは非常にありがたいですね!

m-book-b504e-left

対して、「m-Book B504E」の左側面です。こちら側にはHDMIポートにUSB3.0ポート、ヘッドフォンジャックやマイクジャック、電源ポートが内蔵されてます。

USB3.0のType-C版が内蔵されているのも含め、これだけのポートが揃っていれば、日常生活で利用する分には充分でしょう!(「足りない」ということは無いはず)

キーボードは使いやすいです!

m-book-b504e-keyboard1

「m-Book B504E」のキーボードです。何か特別おかしなキー配置とかがあるわけでもなく、比較的使い勝手の良いキーボードに仕上がってます!

m-book-b504e-keyboard4

キーストロークも約1.8mmとそこそこありますしね!

普段からRealForceのような高級キーボードを使っている人でもないのであれば、このぐらいのキーボードで充分でしょう!

マニュアル完備で初心者にも安心!

m-book-b504e-manual1

「m-Book B504E」さんは実際に購入すると保証書や仕様書等の他にサポートマニュアルという名の「初心者用使い方マニュアル」も付属で付いてくるのが特徴です。

m-book-b504e-manual2

初回設定の流れから事細かく書かれてますので、ノートパソコンを使うのが初めてでも、戸惑うこともなく、安心して使うことが出来るでしょう!

パソコンに不慣れな方に対する配慮もきっちりと考慮してくださっているのが嬉しいですね!

実際に使ってみた感想とか本音とか

m-book-b504e-syoumen7

SSD搭載なので、パソコンの起動・終了は早めですね!ただ、劇的に感動するようなレベルではないので、早さを期待して「m-Book B504E」さんを購入しようとすると肩透かしは喰らうかもです。

もっともブログ記事を執筆したり、WEB閲覧・動画閲覧を行うのがメインなのであれば、この「m-Book B504E」さん一台でも充分な気はしました!クセが無くて、使い勝手が良いので!

唯一懸念点と言えば、SSDの記憶領域が240GBしかないので、写真や動画等をパソコンの中に常時取り込んでいると、容量不足に陥る可能性があることぐらいでしょうか。

画像データをたくさん使いたいのであれば、オンラインストレージの利用や外付けHDDの追加なんかも考慮に入れる必要はあるかもしれませんね。気になることと言えば、それぐらいでしょうか。

もし、5万円未満の予算で買えるSSD搭載の15.6型ノートパソコンをお探しであれば、このクセが無くて使い勝手の良い「m-Book B504E」さんをおすすめします!

ただし、今回ご紹介した「m-Book B504E」さんですが、実は数量限定の販売となっており、無くなり次第販売終了となりますので、その点だけはご了承くださいませ。

↓「m-Book B504E」販売ページ

↓公式ページでも絶賛発売中!

スポンサーリンク


<売れ筋商品>


<当サイトのイチオシコーナー>


<殿堂入り記事>