<当サイトのおすすめ!>

  1. 10万円未満で買えるおすすめ高性能ノートパソコン2019年11月版
  2. 9万円台で「Core i5-1035G1・メモリ8GB・SSD256GB・GeForce MX230」搭載の17.3インチノート~「New Inspiron 17 3000」
  3. 7万円台でCorei5&SSD512GB搭載の15.6型ノート~「ideapad S540(15)」
  4. 7万円台でCorei5&SSD512GB搭載の14型タブレットPC~「ideapad C340(14)」
  5. 8万円未満でCorei5&SSD256GB」搭載の13.3型ノート~「ThinkBook 13s」
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ThinkBook 14 ideapad S540 違い」といったワードで当サイト内を検索されることが増えてきたとろろ(@tororo05304029)です。こんにちは!

確かに「ThinkBook 14」と「ideapad S540(14)」って、どちらも同じレノボ製14型ノートパソコン同士なので、思わず「何か違いでもあるの?このお方たちは?」と疑問に思ってしまうこと請け合いなんですよね(汗)。

そんなわけで、今回は「ThinkBook 14 ideapad S540(14)の違い」及び「ThinkBook 14とideapad S540(14)のどちらがおすすめか?」について語ってみました!

どちらの機種にしようかを決めかねている方にとって多少なりとも参考になれば、幸いです。

↓「ThinkBook 14」の詳細はこちら!

↓「ideapad S540(14)」の詳細はこちら!

↓他にもお買い得品多数並んでます!

スポンサーリンク

そもそも「ThinkBook 14」とは?

「ThinkBook 14」というのはレノボで販売中の14型ノートパソコンとなります。

今現在、「ThinkBook 14」さんは税込6万円台で買える「Corei5・メモリ8GB・SSD256GB」搭載の14型ノートパソコンとして、絶賛発売中です!

CPU「インテル Core i5-10210U」・メモリ8GB・SSD256GBのスペックを持つ14型フルHDノングレア(非光沢)IPS液晶搭載ノートパソコンが66000円(税込・送料無料・割引込)で購入可能とコスパが高いのが特徴です!

しかも、フルHDなので画像映りが綺麗ですし、ノングレア(非光沢)液晶のおかげで周囲の風景が画面に写りこみにくいので、目が疲れにくいですよ!

また、高速無線LANとSDカードリーダーも標準搭載されているため、使い勝手の良い一台に仕上がっているのも特徴ですね!

そんな「ThinkBook 14」さんの詳細なスペックは下記の通りとなります。

製品名(型名) ThinkBook 14
ディスプレイ 14型フルHDノングレア(非光沢)IPS液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1920×1080ドット」。
また、IPS液晶なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU インテル Core i5-10210U プロセッサー
( 1.60GHz 4コア 6MBキャッシュ )
メモリ 8GBです。
仕様:PC4-21300 DDR4 SDRAM
記憶領域 SSD256GB(PCIe NVMe/M.2)です。
ドライブ 未搭載です。
グラフィック インテル UHD グラフィックス
ワイヤレス IEEE802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 5.0
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部出力ポート「HDMIx1」
USBポート「USB3.1 Type-C Gen1x1、
USB3.1 Type-C Gen2x1(Video-out対応)、
USB3.1 Type-A Gen1x2(内、Powered USBx1)、
USB2.0×1(カバー付き)」
4-in-1メディアカードリーダー(SD、SDHC、SDXC、MMC)×1
RJ-45×1
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ 幅326mm×奥行き229.8mm×高さ17.9mm
重量 約1.5kgです。
バッテリー
駆動時間
約7.8時間です。
無料の
保証期間
1年間です。
価格 通常121000円のところ、割引価格66000円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「Lenovo USB Type-C 65W ACアダプター(急速充電対応)、
電源コード、マニュアル、保証書」付属
キーボード「フルサイズ・キーボード (6列)、
84キー (Fnキー、PgUpキー、PgDnキー、Windowsキー)、
JIS配列、タッチパッド、バックライト・キーボード」
720p HDカメラ(ThinkShutte付)内蔵
ステレオスピーカー内蔵
デジタルアレイ内蔵

簡単に言えば「6万円台で買える高コスパな14型ノートパソコン」といったところでしょうか。

お買い得感が半端じゃない一台に仕上がってますね!

では、「ideapad S540」とは?

「ideapad S540(14)」さんも「ThinkBook 14」さんと同じくレノボ製14型ノートパソコンとなります。

こちらもCPU「インテル Core i5-10210U」・メモリ8GB・SSD256GBのスペックを持つ14型ノートパソコンではありますが、お値段は58751円(税込・送料無料・割引込)と若干お安いのが特徴です!

参考までに「ideapad S540(14)」さんの詳細スペックも下記に載せておきます。

製品名(型名) ideapad S540(14)
ディスプレイ 14型フルHDノングレア(非光沢)IPS液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1920×1080ドット」。
また、IPS液晶なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU インテル Core i5-10210U プロセッサー
( 1.60GHz 6MBキャッシュ )
メモリ 8GBです。
仕様:PC4-21300 DDR4 SDRAM SODIMM (内、オンボード4GB)
記憶領域 SSD256GB(PCIe NVMe/M.2)です。
ドライブ 未搭載です。
グラフィック インテル UHD グラフィックス 620
ワイヤレス IEEE802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 4.2
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部出力ポート「HDMIx1」
USBポート「USB3.0 Type-Cx1、
USB3.0x2(内、Powered USBx1)」
SDカードリーダー×1
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ 幅323mm×奥行き227mm×高さ15.9mm
重量 約1.5kgです。
バッテリー
駆動時間
約14時間と長持ちです。
無料の
保証期間
1年間の無料保証です。
価格 通常119900円のところ、割引価格58751円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「ACアダプター、保証書」付属
キーボード「84キー(Fnキー+Windowsキーを含む)、JIS配列、
バックライト・キーボード、マルチタッチパッド、
パワーボタン」
720p HDカメラ(プライバシーシャッター付)内蔵
ステレオスピーカー内蔵
デジタルアレイ内蔵
急速充電機能付き

スペック的には「ThinkBook 14」さんと非常によく似てますが、こちらの「ideapad S540(14)」さんの方が税込6万円未満とやや安価になっているのが大きな特徴ですね!

ただ、一応細かい部分で違いはあるので、次の項から「ThinkBook 14」と「ideapad S540(14)」の違いについて語っていくことにします。

「ThinkBook 14」と「ideapad S540(14)」の違いとは?

分かりやすく「ThinkBook 14」さんと「ideapad S540(14)」さんの間で大きく違っている部分だけを上記の表から抜粋して取り上げると、下記の通りとなります。

製品名
(型名)
ThinkBook 14 ideapad S540(14)
無線LAN IEEE802.11ac/a/b/g/n +
Bluetooth 5.0
IEEE802.11ac/a/b/g/n +
Bluetooth 4.2
USBポート USB3.1 Type-C Gen1x1、
USB3.1 Type-C Gen2x1
(Video-out対応)、
USB3.1 Type-A Gen1x2
(内、Powered USBx1)、
USB2.0×1(カバー付き)
USB3.0 Type-Cx1、
USB3.0x2(内、Powered USBx1)
サイズ 幅326mm×奥行き229.8mm×
高さ17.9mm
幅323mm×奥行き227mm×
高さ15.9mm
バッテリー持続時間 約7.8時間 約14時間
その他 急速充電未対応 急速充電対応
(1時間で80%の充電が可能)
価格 66000円(税込・送料無料) 58751円(税込・送料無料)

違いだけを表にしたら分かりやすくなりましたね!

つまり、

<ThinkBook 14>
・S540よりも本体の高さがある(ただし、重さは一緒)
Bluetoothのバージョンが5.0と新しめ
S540よりもUSBポートが1ポート分多い
急速充電は未対応
バッテリーの持続時間がS540の半分程度
・お値段はS540さんより少しだけ高め

<ideapad S540(14)>
・ThinkBook 14より本体の高さが低い(ただし、重さは一緒)
Bluetoothのバージョンが4.2と古め
ThinkBook 14よりもUSBポートが1ポート分少ない
1時間で80%の充電も可能な急速充電にも対応済み
バッテリーの持続時間がThinkBook 14の約2倍
・お値段はThinBook 14よりも少しだけ安い

ざっと違いを箇条書きでまとめたらこんなところでしょうか。

ThinkBook 14とideapad S540(14)、今現時点ではどちらがおすすめか?

「ThinkBook 14」と「ideapad S540(14)」さんの違いを比較検討した上で「今現時点でどちらがおすすめか?」を聞かれたら、私だったら迷わず「ideapad S540(14)」さんを強くおすすめしますね!

「ThinkBook 14」さんはUSBポートが多めですし、Bluetoothのバージョンが多いというウリこそあるものの、「ideapad S540(14)」さんの価格の安さを埋めるほどの長所では無いからです(汗)。

しかも、バッテリーの持続時間が倍近く違う上に急速充電対応、それなのにお値段は「ThinkBook 14」さんよりも安いとくれば、当然「『ideapad S540(14)』さんを選んだ方がいいですよ!」とはなりますよね。

実を言うと「ThinkBook 14」さん自体はまだ発売されたての商品ですから、将来的には値下げされる可能性が大です!

ただ、今現時点では明らかに「ideapad S540(14)」さんの方に分があるので、もしどうしても「ThinkBook 14」さんの方を購入したいのであれば、少しばかり購入待ってからの方がいいでしょう。

最終的にどちらを選ぶかはお任せしますが、私からは「今、購入をするのであれば『ideapad S540(14)』の方が断然おすすめですよ!」と強くおすすめしておきます!

↓「ThinkBook 14」の詳細はこちら!

↓「ideapad S540(14)」の詳細はこちら!

↓他にもお買い得品多数並んでます!

スポンサーリンク


<売れ筋商品>


<当サイトのイチオシコーナー>


<殿堂入り記事>