<当サイトのおすすめ!>

  1. 10万円未満のおすすめ高性能ノートパソコン2019年7月版
  2. 9万円未満でCorei5搭載の17.3インチノート~「HP 17-by0000」
  3. 7万円台でCorei5&SSD512GB搭載の15.6型ノート~「ideapad S540(15)」
  4. 7万円台でCorei5&SSD512GB搭載の14型タブレットPC~「ideapad C340(14)」
  5. 8万円未満でCorei5&SSD256GB搭載の13.3型ノート~「ThinkBook 13s」
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!とろろ(@tororo05304029)です。

今現在、レノボ製15.6型ノートパソコン「ideapad S540」さんの方が同じくレノボ製15.6型ノートパソコンである「ThinkPad E590」よりも人気と売上が出ているという現実があるようです。

あくまで私が運営しているこの「おすすめ格安高性能ノートパソコンガイド」での分析結果によるものですけどね。まさか鉄板人気モデルである「ThinkPad E590」よりも「ideapad S540」の方が人気出るとは・・・!

まあ、それもこれも「ideapad S540」さんのコスパが高過ぎるせいなのですけどね(汗)。ひと昔前はThinkPadのEシリーズの方が人気だったのですが、今ではすっかりideapadシリーズの方が人気なようです。

ひとまずは「ideapad S540」と「ThinkPad E590」、それぞれのノートパソコンの特徴を見ていくことにします。

↓「ideapad S540」の詳細はこちら!

↓「ThinkPad E590」の詳細はこちら!

↓他にもお買い得品多数並んでます!

スポンサーリンク

「ideapad S540」さんの基本スペック

まずは「ideapad S540」さんのスペックを列挙しておきます。

製品名(型名) ideapad S540
ディスプレイ 15.6型フルHDノングレア(非光沢)IPS液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1920×1080ドット」。
また、IPS液晶なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU インテル Core i5-8265U プロセッサー
( 1.60~3.90GHz 6MBキャッシュ )
メモリ 8GBです。
仕様:PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM
記憶領域 SSD512GB(PCIe NVMe/M.2)です。
ドライブ 未搭載です。
グラフィック インテル UHD グラフィックス 620
ワイヤレス IEEE802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 4.2
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部出力ポート「HDMIx1」
USBポート「USB3.0 Type-Cx1、
USB3.0x2(内、Powered USBx1)」
SDカードリーダー×1
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ 幅358mm×奥行き245mm×高さ16.9mm
重量 約1.8kgです。
バッテリー
駆動時間
最大約17.3時間と長持ちです。
無料の
保証期間
1年間の無料保証です。
価格 通常133920円のところ、割引価格74995円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「ACアダプター、保証書」付属
キーボード「84キー(Fnキー+Windowsキーを含む)、JIS配列、
バックライト・キーボード、マルチタッチパッド、
パワーボタン、テンキー」
720p HDカメラ(プライバシーシャッター付)内蔵
ステレオスピーカー内蔵
デジタルアレイ内蔵
急速充電機能付き

簡単に言えば「ideapad S540」さんは「税込7万円台で買える大容量SSD搭載の高コスパな15.6型ノートパソコン」ですね!

カスタマイズが全く出来ないのが難点ですが、それを差し引いても余りあるコスパの高さによりいい感じに売れている15.6型ノートパソコンだったりします。

「ThinkPad E590」さんの基本スペック

対する「ThinkPad E590」さんのスペックは下記のような感じですね。

製品名(型名) 「ThinkPad E590」パフォーマンス・FHD搭載版
ディスプレイ 15.6型フルHDノングレア(非光沢)IPS液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1920×1080ドット」。
また、IPS液晶なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU インテル Core i5-8265U プロセッサー
( 1.60~3.90GHz 6MBキャッシュ )
メモリ 8GB(4GB×2)です。
仕様:DDR4 2400MHz SODIMM
記憶領域 SSD256GBです。
ドライブ 未搭載です。
グラフィック インテル UHD グラフィックス 620
ワイヤレス IEEE802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部出力ポート「HDMIx1」
USBポート「USB3.1 Gen1 Type-Cx1(Video-out 機能付き)、
USB3.1 Gen1x2(内、Powered USBx1)、USB2.0x1」
microSDメディアカードリーダー×1
RJ-45×1
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ 幅369mm×奥行き252mm×高さ19.95mm
重量 約2.1kgです。
バッテリー
駆動時間
最大約14.3時間と長持ちです。
無料の
保証期間
1年間の無料保証です。
価格 通常131760円のところ、割引価格98820円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「ACアダプター、保証書」付属
キーボード「フルサイズ・日本語キーボード(6列)、
110キー(テンキー、Fnキー、PgUpキー、PgDnキー、Windowsキー)、
JIS配列」
⇒USキーボード(英語キーボード)に変更可能
TrackPoint+ThinkPadクリックパッド搭載
720p HDカメラ(マイクロフォン付)内蔵
ステレオスピーカー内蔵
デジタルマイクロフォン内蔵

簡単に言えば「税込10万円未満で買えるSSD256GB搭載の15.6型ノートパソコン」です。

ただし、「ThinkPad E590」さんは「ideapad S540」さんと違ってカスタマイズの幅が広く、自分の好みに合わせてスペックを変えたり、オフィスを追加することが可能です。

一件すると「ideapad S540」さんの方が圧倒的に人気も売上も出そうなものですが、実際には「ThinkPad E590」さんもそれなりの数が売れていたりします。

やはり自由自在にカスタマイズ出来る点に惹かれて「ideapad S540」さんよりも「ThinkPad E590」さんを選ぶ方も一定数いらっしゃるようです。(特にオフィスを標準搭載したい方に売れる模様)

今、現時点ではカスタマイズの有無よりもコスパの高い15.6型ノートパソコンに分がある模様

「ideapad S540」さんと「ThinkPad E590」さんの違いを簡潔に述べると以下のような感じですね。

■「ideapad S540」
⇒カスタマイズ一切不可だが、その分、税込7万円台とお安い。

■「ThinkPad E580」
⇒希望する予算とスペックに合わせてある程度自由自在のカスタマイズが可能(オフィスの追加搭載も可能)だが、その分、基本価格が税込10万円未満と高い。

と言ったところでしょうか。

どちらも一長一短がありますが、現実として「ideapad S540」の方が人気があるということは「同じディスプレイサイズのノートパソコンであれば、カスタマイズ不要でも構わないから、少しでも安い方がいい!」という仮説は立てられますね!

あなたは「ideapad S540」派?それとも「ThinkPad E590」派?

税込7万円台とお安いがカスタマイズを全く行えない15.6型ノートパソコン「ideapad S540」さん。

片や基本価格こそ税込10万円未満にはなるが、自分の希望する予算とスペックに合わせてカスタマイズも自由自在な15.6型ノートパソコン「ThinkPad E590」さん。

あなたならどちらを選びますか?

出せる予算にもよるのでしょうが、今現在、私が選ぶのであれば「ideapad S540」さんを選びますね!「ThinkPad E590」さんはどうしてもオフィス搭載込みで買いたい場合の選択肢になるかなと!

最後に一言だけ

この結果はコスパ重視でノートパソコンをご紹介している「おすすめ格安高性能ノートパソコンガイド」の分析結果によるものなので、例えばレビューを中心に紹介しているサイトとかですと、また違った分析結果になるかもしれません。

あくまで「一参考意見として」受け止めてもらえれば幸いです。(だから「いやいや!そんなことは無いから!」といった否定意見は全然OKです)

↓「ideapad S540」の詳細はこちら!

↓「ThinkPad E590」の詳細はこちら!

↓他にもお買い得品多数並んでます!

スポンサーリンク


<売れ筋商品>


<当サイトのイチオシコーナー>


<殿堂入り記事>