このエントリーをはてなブックマークに追加

Ryzen 5 4500Uノートパソコンの人気ぶりにビックリ仰天中のとろろ(@tororo05304029)です。こんにちは!

最近は本当、Ryzen 5 4500Uノートパソコンが大人気ですね!それこそこちらがドン引きするレベルで(汗)。

そんなわけで今回はそんな大人気絶頂中のRyzen 5 4500Uノートパソコンに関して、ライトユーザー目線でアレコレと語ってみました。

そもそも「Ryzen 5 4500U」って何?

「Ryzen 5 4500U」というのはAMD社が提供しているCPUの一種で、インテル社の「インテル Core i5」シリーズに相当するような中堅どころの実力を持ったCPUさんです。

ありていに言えば「圧倒的な実力があるわけではないけど、最低の力が1・最大の力が10とすれば7ぐらいの実力はあるやり手なCPU」といったところでしょうか。

そんな「AMD Ryzen 5 4500U」の数値データは以下の通り。(一部を抜粋)

名前 AMD Ryzen 5 4500U
CPUコア数 6コア
GPUコア数 6コア
スレッド数 6スレッド
クロック数 基本:2.3GHz
最大:4.0GHz
キャッシュ L2キャッシュ:3MB
L3キャッシュ:8MB
PCI Expressバージョン PCIe 3.0
最大温度 105度
メモリタイプ DDR4-3200MHz、LPDDR4-4266MHz
グラフィックス仕様 AMD Radeon Graphics(6コア・1500MHz)
外部出力 Display PortとHDMI
追記 より詳細な公式情報はこちら

・・・と、公式ページの数値データを列挙してみましたが、ピンとこないですよね(汗)。

なので、大雑把にですが向き・不向きを列挙してみました。(メモリは8GBを想定)

<向いていること>
・書類作成やインターネット閲覧(高速で快適!)
・プログラミング作成(ただし、DirectXのような描画系はキツイ)
・Youtubeやニコニコ動画の閲覧(超高画質でもない限りは平気)
・PhotoShopやIllustratorでの2D画像の作成(通常の範囲内であれば)

<向いていないこと>
・オンラインゲーム(画質を最低にまで落として「遊べるか?」のレベル)
・動画作成全般(3D描画もそうですが、Youtubeの動画作成も向かない)
・写真のRAW現像(時間がかかりすぎる)

簡単に「Ryzen 5 4500U」さんの特徴を言えば「日常使い用としては高速で快適だけど、動画作成やオンラインゲーム等の専門的な分野になると力不足なCPU」といったところでしょうか。

ただし、「AMD Ryzen 5 4500U」を標準搭載したノートパソコンって高コスパな猛者が多いんですよね!どのメーカー製のノートパソコンも!

一応、世の中にはそれなりの数の「AMD Ryzen 5 4500U」を標準搭載したノートパソコンが存在するのですが、ここでは当サイトの売れ筋を3品だけに絞ってご紹介しておきます。

当サイト一番の売れ筋:ideaPad Flex 550

「ideaPad Flex 550」さんは「AMD Ryzen 5 4500U」搭載のレノボ製14型タブレットPCさんですが、今、当サイトで一番の売れ筋品となっているタブレットPCさんだったりします!

タブレットPCさんですから、ディスプレイを縦方向にクルクルクルと回転させることで、

タブレットとして使うことも可能ですよ!(しかも無料で専用のアクティブペンが付属

しかもスペックとお値段もCPU「AMD Ryzen 5 4500U」・メモリ8GB・SSD512GB搭載で61875円(税込・送料無料・割引込)と高コスパですから、その人気は途絶えることは無いですね!

そんな「ideaPad Flex 550」さんの詳細スペックは下記の通り。

製品名(型名) ideaPad Flex 550
ディスプレイ 14型フルHDグレア(光沢)IPS液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1920×1080ドット」。
また、IPS液晶なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU AMD Ryzen 5 4500U
(2.30GHz・6コア/6スレッド・8MBキャッシュ)
メモリ 8GBです。
仕様:DDR4-3200 SDRAM
記憶領域 SSD512GB(PCIe NVMe/M.2)です。
ドライブ 未搭載です。
グラフィック AMD Radeon グラフィックス
ワイヤレス IEEE802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 4.2
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部出力ポート「HDMIx1」
USBポート「USB3.0 Type-Cx1(Power Delivery対応)、
USB3.0x2(内、Powered USBx1)」
4-in-1メディアカードリーダー(SD、SDHC、SDXC、MMC)×1
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ 幅321.5mm×奥行き217.5mm×高さ17.9mm
重量 約1.5kgです。
バッテリー
駆動時間
約12.2時間と長持ちです。
無料の
保証期間
1年間です。
価格 通常137500円のところ、割引価格61875円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「ACアダプター、
Lenovo Digital Pen(アクティブペン)、保証書」付属
キーボード「84キー(Fnキー+Windowsキーを含む)、
JIS配列、バックライト・キーボード、
マルチタッチパッド、パワーボタン」
加速度センサー搭載
720p HDカメラ(プライバシーシャッター付)内蔵
ステレオスピーカー内蔵
デジタルアレイ内蔵

税込6万円台でこのスペックはお買い得を通り越して、もはや反則級ですよね(汗)。

そりゃあ売れるのも納得というものです。

「AMD Ryzen 5 4500U」搭載モデル自体が大人気なことも相まって、しばらくは「ideaPad Flex 550」さんの人気絶頂ムードは続きそうです!

↓「ideaPad Flex 550」の詳細はこちら!

↓他にもお買い得品多数並んでます!

やり手の二番星:ideaPad Slim 550(14)

「ideaPad Flex 550」さんほどではないですが、同じく「AMD Ryzen 5 4500U」標準搭載のレノボ製14型ノートパソコン「ideaPad Slim 550(14)」さんも人気ですね!

こちらもCPU「AMD Ryzen 5 4500U」・メモリ8GB・SSD512GB搭載でお値段64108円(税込・送料無料・割引込)と高コスパなので、やはり人気も売上も絶好調です!

14型ノートの「ideaPad Slim 550(14)」さんよりも14型タブレットPCの「ideaPad Flex 550」さんの方が人気なのは不思議ですけどね。やはり単純な値段の差かな?

そんな「ideaPad Slim 550(14)」さんの詳細スペックは下記の通り。

製品名(型名) ideaPad Slim 550(14)
ディスプレイ 14型フルHDノングレア(非光沢)IPS液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1920×1080ドット」。
また、IPS液晶なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU AMD Ryzen 5 4500U
(2.30GHz・6コア/6スレッド・8MBキャッシュ)
メモリ 8GBです。
仕様:DDR4-3200 SDRAM
記憶領域 SSD512GB(PCIe NVMe/M.2)です。
ドライブ 未搭載です。
グラフィック AMD Radeon グラフィックス
ワイヤレス IEEE802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 5.1
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部出力ポート「HDMIx1」
USBポート「USB3.0x2、
USB3.0 Type-Cx1
(Power delivery対応、DisplayPort出力機能付き)」
4-in-1メディアカードリーダー(SD、SDHC、SDXC、MMC)×1
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ 幅321.6mm×奥行き211.6mm×高さ17.9mm
重量 約1.45kgです。
バッテリー
駆動時間
約12時間と長持ちです。
無料の
保証期間
1年間です。
価格 通常136400円のところ、割引価格64108円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「ACアダプター、保証書」付属
キーボード「84キー(Fnキー+Windowsキーを含む)、JIS配列、
バックライト・キーボード、マルチタッチパッド、
パワーボタン」
720p HDカメラ(プライバシーシャッター付)内蔵
ステレオスピーカー内蔵
デジタルアレイ内蔵
急速充電機能搭載

まあ、どう考えても税込6万円台で買える新品ノートパソコンのレベルではないですね(汗)。お買い得過ぎる!

この「ideaPad Slim 550(14)」さんも今しばらくは売れ続けそうですね!

↓「ideaPad Slim 550(14)」の詳細はこちら!

↓他にもお買い得品多数並んでます!

モバイルノートの雄:ENVY x360 13-ay0000

iconicon

「Ryzen 5 4500U」標準搭載のモバイルノート勢の中で今、人気沸騰中なのがこの日本HP製13.3インチタブレットPC「ENVY x360 13-ay0000」さんですね!

こちらもレノボ製の「ideaPad Flex 550」さんと同じくタブレットPCなので、ディスプレイをクルクルクルと回転させることで、

iconicon

タブレットとして使うことも可能ですよ!

あと、スペックとお値段もCPU「AMD Ryzen 5 4500U」・メモリ8GB・SSD256GB搭載で82500円(税込・送料無料)と高コスパにまとまってます!

さすがに14型の「ideaPad Flex 550」さんや「ideaPad Slim 550(14)」さんにはコスパ面で劣りますけどね。あちらはモバイルではない分、重量がありますですので・・・。(と、弁解しておきます)

そんな「ENVY x360 13-ay0000」さんの詳細スペックは下記の通り。

製品名(型名) ENVY x360 13-ay0000
ディスプレイ 13.3インチワイド・フルHD・IPSディスプレイ(LEDバックライト)搭載。
液晶はグレア(光沢)、解像度は「1920×1080ドット」で、
タッチパネル標準搭載済み。
また、IPS液晶搭載なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen 5 4500U モバイル・プロセッサー
(6コア/6スレッド, 4.0GHzブースト時最大)
メモリ 8GB(4GB×2)です。
仕様:3200MHz, DDR4 SDRAM
記憶領域 SSD256GB(PCIe NVMe M.2)です。
ドライブ 未搭載です。
グラフィック AMD Radeon グラフィックス
(プロセッサーに内蔵)
ワイヤレス IEEE802.11ax(Wi-Fi6)、Bluetooth 5.0
高速無線LAN内蔵です。
また、「機内モードオン/オフボタン」がデフォルトで付いてます。
外部ポート 外部ディスプレイ出力「HDMI出力端子×1」
USBポート「SuperSpeed USB Type-A 5Gbps×2
(うち1ポートは電源オフUSBチャージ機能対応) 、
SuperSpeed USB Type-C 10Gbps×1
(Power Delivery、DisplayPort 1.4、
電源オフUSBチャージ機能対応)」
microSDカードスロット×1
ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
サイズ 幅306mm×奥行き194mm×高さ15.5(最薄部)-16.5(最厚部)mm
重量 約1.25kg
バッテリー
駆動時間
最大約17時間です。
無料の
保証期間
1年間(引き取り修理サービス、パーツ保証、電話サポート)
価格 通常より29800円(税別)割引82500円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「速効!HPパソコンナビ特別版(初心者ガイド本)、
ACアダプター、電源コード、保証書」付属
ポインティングデバイス
「イメージパッド(タッチジェスチャー対応)」
日本語キーボード(バックライト付き)
HP Wide Vision HD Webcam (約92万画素)
指紋認証センサー内臓
プライバシースイッチ対応
(物理シャッター付き)
Audio by Bang & Olufsen デュアルスピーカー内蔵
デュアルマイク内蔵
セキュリティ「パワーオンパスワード、
アドミニストレーターパスワード、TPM」内蔵

バッテリーも長持ちで重さもそこそこということもあってか、「ENVY x360 13-ay0000」さんは「Ryzen 5 4500U」搭載のモバイル勢の中では、かなりの人気機種となってますね!

このお方も税込7万円前後のよりお買い得な「Ryzen 5 4500U」搭載モバイルノートが出ない限りは人気が続きそうです。

↓「ENVY x360 13-ay0000」販売ページ

↓他にもお買い得品多数並んでます!

↓当サイト限定クーポンページはこちら!

高コスパなRyzen 5 4500Uノートパソコンの快進撃は今、しばらくは続きそうなムードですね!

iconicon

「Ryzen 5 4500U」を標準搭載したノートパソコンを数を絞ってご紹介してみましたが、どれもこれもコスパの高さは圧倒的ですね!

だからこそ今、一番人気のCPUさんだったりします。

ここまで高コスパな猛者がたくさん揃ってしまうと、インテルCPU搭載モデルが戦うのはなかなか厳しそうですね・・・。

逆にこのタイミングで「AMD Ryzen 5 4500U」を超えるコスパの高いCPUをインテルさんが出してきたら面白いことになるのですが、はたしてどうなることやら。

なんにせよ今後のAMD搭載ノートパソコンの快進撃が楽しみですね!

スポンサーリンク