このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、Ryzen 7 4700Uノートパソコンの人気絶頂うなぎ登りでやや引き気味のとろろ(@tororo05304029)です。こんにちは!

Ryzen 5 4500U搭載ノートパソコンが軒並み在庫切れを起こしていく中、Ryzen 7 4700Uノートパソコンは比較的まだ在庫が残っていることもあってか、最近は特に大人気ですね!

そんなわけで今回は人気花丸急上昇中のRyzen 7 4700U搭載ノートパソコンに関して、ライトユーザー目線な自分がアレコレと語ってみました。

そもそも「Ryzen 7 4700U」って何?

「Ryzen 7 4700U」というのはAMD社が提供しているCPUの一種で、インテル社の「インテル Core i7」シリーズに相当するような実力のあるCPUさんです。

簡単に言えば「最低の力が1・最大の力が10とすれば8から8.5ぐらいの評価がもらえる実力はあるイケイケなCPU」といったところでしょうか。

そんな「AMD Ryzen 7 4700U」の数値データは以下の通り。(一部を抜粋)

名前 AMD Ryzen 7 4700U
CPUコア数 8コア
GPUコア数 7コア
スレッド数 8スレッド
クロック数 基本:2.0GHz
最大:4.1GHz
キャッシュ L2キャッシュ:4MB
L3キャッシュ:8MB
PCI Expressバージョン PCIe 3.0
最大温度 105度
メモリタイプ DDR4-3200MHz、LPDDR4-4266MHz
グラフィックス仕様 AMD Radeon Graphics(6コア・1500MHz)
外部出力 Display PortとHDMI
追記 より詳細な公式情報はこちら

・・・と、公式ページの数値データを列挙してみましたが、ピンとこないですよね(汗)。

なので、大雑把にですが向き・不向きを列挙してみました。(メモリは8GBを想定)

<向いていること>
・書類作成やインターネット閲覧(高速でサクサクと動きます!)
・プログラミング作成(ただし、3D系は別途NVIDIDが欲しい)
・Youtubeやニコニコ動画の閲覧(超高画質でもない限りは快適!)
・動画作成全般(よほど重たい処理で無い限り、大抵はいけます!)
・PhotoShopやIllustratorでの2D画像の作成(快適そのものでRAW現像もいけます!)

<向いていないこと>
・オンラインゲーム(画質最低ならいけるが、それ以上は厳しい)

簡単に「Ryzen 7 4700U」さんの特徴を言えば「日常使い用としては快適そのものだし、動画作成関連もこなせるが、オンラインゲームで遊ぶには力不足なCPU」といったところでしょうか。

逆に言えば、オンラインゲーム以外のことはRyzen 7 4700U搭載ノートパソコンがあれば、問題なくこなせてしまうということでもあるんですけどね。

これだけの戦闘力がありながら、税込10万円を下回っているモデルも多いわけですから、そりゃあ売れるというものでしょう!

今現在はパソコンメーカー各社でそれなりの数の「AMD Ryzen 7 4700U」を標準搭載したノートパソコンが存在するのですが、ここでは当サイトの人気筋を3品だけに絞ってご紹介しておきます。

大人気株:ideapad Slim 350 14

「ideapad Slim 350 14」さんは「AMD Ryzen 7 4700U」搭載のレノボ製14型ノートパソコンさんですが、今、当サイトでいい感じで売れ筋となっているノートパソコンさんだったりします!

スペックとお値段はなんとCPU「AMD Ryzen 7 4700U」・メモリ8GB・SSD512GB搭載で75020円(税込・送料無料・割引込)!

そのおかげで今は絶賛大人気な商品となっております!(そして、その人気ぶりゆえに時折在庫切れも引き起こすと(汗))

そんな「ideapad Slim 350 14」さんの詳細スペックは下記の通り。

製品名(型名) ideapad Slim 350 14
ディスプレイ 14型フルHDノングレア(非光沢)TN液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1920×1080ドット」。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU AMD Ryzen 7 4700U
(2.00GHz/8コア・8スレッド/4MBキャッシュ)
メモリ 8GBです。
仕様:PC4-21300 DDR4 SDRAM SODIMM
記憶領域 SSD512GB(PCIe NVMe/M.2)です。
ドライブ 未搭載です。
グラフィック AMD Radeon グラフィックス
ワイヤレス IEEE802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 5.0
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部出力ポート「HDMIx1」
USBポート「USB3.0x2、USB2.0×1」
4-in-1メディアカードリーダー×1
(SD、SDHC、SDXC、MMC)
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ 幅327.1mm×奥行き241mm×高さ19.9mm
重量 約1.5kgです。
バッテリー
駆動時間
約9時間。なお、充電時間は約3.5時間です。
無料の
保証期間
1年間です。
価格 通常121000円のところ、割引価格75020円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「ACアダプター、保証書」付属
キーボード「84キー(Fnキー+Windowsキーを含む)、JIS配列、
バックライト・キーボード、マルチタッチパッド、
パワーボタン」
WEBカメラ(30万画素・プライバシーシャッター付)内蔵
ステレオスピーカー内蔵
デュアルマイクロフォン内蔵

どう考えても税込8万円未満のモデルじゃないでしょう。このお方(汗)。

そりゃあ売れるのも納得というものです。

「AMD Ryzen 7 4700U」搭載モデルが最近、大人気になってきてますから、しばらくは「ideapad Slim 350 14」さんの人気絶頂状態も続きそうですね!

↓「ideapad Slim 350 14」販売ページ

↓他にもお買い得品多数並んでます!

15.6インチノートの実力者:Inspiron 15 5000

「Ryzen 7 4700U」標準搭載の15.6インチノートパソコン勢の中でも今、特に人気花丸急上昇中なのがこのデル製15.6インチノートパソコン「Inspiron 15 5000」さん!

スペックとお値段がCPU「AMD Ryzen 7 4700U」・メモリ8GB・SSD512GB搭載で69502円(税込・送料無料)と高コスパとどまっていることもあり、このお方も長らく人気の一品となってますね!

そんな「HP Pavilion 15-eh0000(AMD)」さんの詳細スペックは下記の通り。

製品名(型名) Inspiron 15 5000
ディスプレイ 15.6インチフルHDノングレア(非光沢)IPS液晶搭載。
解像度「1920×1080ドット」。
IPS液晶搭載なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU AMD Ryzen 7 4700U
(2.00GHz/8コア・8スレッド/4MBキャッシュ)
メモリ 8GBです。
仕様:DDR4 3200MHz
記憶領域 SSD512GB(M.2 PCIe NVMe)です。
ドライブ DVDドライブ搭載です。
グラフィック AMD Radeon グラフィックス
ワイヤレス IEEE802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部出力ポート「HDMI×1」
USBポート「USB3.2 Gen1×2、
USB3.2 Gen1 Type-C×1(DP/PowerDelivery対応)」
microSDカードスロット×1
電源ジャック×1
ヘッドホン/マイクロフォン コンボ×1
サイズ 幅356.1mm×奥行き234.5mm×高さ17.9mm
重量 約1.714kgです。
バッテリー
駆動時間
約6時間です。
無料の
保証期間
1年間です。
価格 69502円(税込・送料込)で購入可能!
その他 「ACアダプター、保証書」付属
「マカフィー リブセーフ(12ヶ月間更新サービス)」
日本語キーボード(テンキー付)
マルチタッチジェスチャー操作対応高精度タッチパッド
(スクロール機能内蔵)
Webカメラ(720p 30 fpsのHDカメラ)内蔵
ステレオスピーカー(2W×2)内蔵
急速充電機能搭載

最近、AMD搭載の15.6インチノートパソコンは在庫切れが続出しているのですが、このお方は何とか在庫と納期を保ちつつも、安定した売上と人気を保ってますね!

でも、これだけの人気ぶりだとそのうち在庫切れになる可能性はあるかも(汗)。なんにせよ今しばらくは人気が続きそうなモデルですね!

↓「Inspiron 15 5000」販売ページ

↓他にもお買い得品多数並んでます!

モバイルタブレットPCの実力者:Lenovo Yoga 650

「Ryzen 7 4700U」標準搭載のモバイルノート勢の中で今、花丸人気急上昇中なのがこのレノボ製13.3型タブレットPC「Lenovo Yoga 650」さんですね!

普段はノートパソコンとしての体裁を保っている「Lenovo Yoga 650」さんですが、ディスプレイをクルクルクルと回転させれば、

テントのように立たせることも出来ますし、

タブレットとして使うことも出来ますよ!(なお、専用のアクティブペンが無料で付属してきます)

また、「Lenovo Yoga 650」さんの天板はファブリックカバーを採用しており、汚れに強い加工が施されているのも特徴です!

これでCPU「AMD Ryzen 7 4700U」・メモリ16GB・SSD512GBを標準搭載して94851円(税込・送料無料)なわけですから、かなりコスパの高い商品と言えますね!

もっとも、14型ノートの「ideapad Slim 350 14」さんや15.6インチノートの「Inspiron 15 5000」さんにはコスパ面で劣りますけどね。あちらはモバイルではない分、重量がありますですので・・・。(と、言い訳を述べておきます)

そんな「Lenovo Yoga 650」さんの詳細スペックは下記の通りです。

製品名(型名) Lenovo Yoga 650
ディスプレイ 13.3型フルHDグレア(光沢)IPS液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1920×1080ドット」。
また、IPS液晶なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU AMD Ryzen 7 4700U
(2.00GHz/8コア・8スレッド/4MBキャッシュ)
メモリ 16GBです。
仕様:DDR4-3200 SDRAM
記憶領域 SSD512GB(PCIe NVMe/M.2)です。
ドライブ 未搭載です。
グラフィック AMD Radeon グラフィックス
ワイヤレス IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n(Wi-Fi 6対応)
+ Bluetooth 5.0
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート USBポート「USB3.0 Type-Cx1
(Power Delivery対応、DisplayPort出力機能付き、DC-in機能付き)、
USB3.0 Type-Cx1(DisplayPort出力機能付き)
USB3.0x2(内、Powered USBx1)」
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ 幅308mm×奥行き206.5mm×高さ17mm(最薄部)
重量 約1.32kgです。
バッテリー
駆動時間
約19.8時間と長持ちです。
無料の
保証期間
1年間です。
価格 通常166870円のところ、割引価格94851円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「ACアダプター、
Lenovo Digital Pen(アクティブペン)、保証書」付属
キーボード「84キー(Fnキー+Windowsキーを含む)、
JIS配列、バックライト・キーボード、
マルチタッチパッド、パワーボタン」
加速度センサー搭載
720p HDカメラ(プライバシーシャッター付)内蔵
ステレオスピーカー内蔵
デジタルアレイマイクロフォン内蔵

「Ryzen 7 4700U・メモリ16GB・SSD512GB」搭載の13.3型タブレットPCが税込9万円台で買えるのは嬉しい限りですね!

この「Lenovo Yoga 650」さんもしばらくは人気が続きそうな気配です。

↓「Lenovo Yoga 650」販売ページ

↓他にもお買い得品多数並んでます!

高コスパなRyzen 7 4700U搭載ノートパソコンは今後もしばらく人気が続きそうですね!

「Ryzen 7 4700U」を標準搭載したノートパソコンを3品に絞ってご紹介してみましたが、どの機種もコスパの高さは圧倒的ですね!

これで税込10万円未満を下回るモデルばかりなわけですから、さすがにインテルさんがかわいそうになってくるレベルですね。

これでインテルさんがより高性能で高コスパな第12世代CPU「インテル Core i7」搭載モデルとかを出してきたら面白いことになるのですが、はたしてどうなることやら・・・。

なんにせよ今後もAMD搭載ノートパソコンの動向からは目が離せないですね!

↓その他のAMD搭載ノートのおすすめはこちら!

スポンサーリンク