このエントリーをはてなブックマークに追加

iconicon

とろろ(@tororo05304029)です。こんにちは!

日本HP製「Victus 16(インテル)」さんが「Core i5-11400H・メモリ16GB・SSD512GB・RTX3050」搭載の16.1インチノートパソコンとして、絶賛発売中です!

CPU「インテル Core i5-11400H」・メモリ16GB・SSD512GBのスペックを持つRTX3050搭載の16.1インチノートパソコンがお値段132000円(税込・送料無料)で購入出来ますから、おすすめですよ!

↓「Victus 16(インテル)」販売ページ

↓楽天市場でも販売中

↓他にもお買い得品多数並んでます!

スポンサーリンク

「Victus 16(インテル)」の基本スペック

「Victus 16(インテル)」の基本スペックです。

製品名(型名) Victus 16(インテル)
ディスプレイ 16.1インチワイド・フルHD・IPSディスプレイ搭載。
液晶はノングレア(非光沢)で、解像度は「1920×1080ドット」です。
また、IPS液晶なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
(リフレッシュレートは144Hz)
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル Core i5-11400H
(2.70GHz-4.50GHz、6コア・12スレッド、12MBキャッシュ)
メモリ 16GB(8GB×2)
仕様:DDR4-2933MHz
記憶領域 SSD512GB
ドライブ 未搭載です。
グラフィック NVIDIA GeForce RTX 3050 4GB (GDDR6)
ワイヤレス IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6) + Bluetooth 5.2
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部ディスプレイ出力「HDMI2.0出力端子×1」
USBポート「SuperSpeed USB Type-C 5Gbps×1、
SuperSpeed USB Type-A 5Gbps×3」
SDカードスロット×1
ネットワークポート(RJ45)×1
ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
サイズ 幅約370mm×奥行き約260mm×高さ約23.5mm
重量 約2.468kg
バッテリー
駆動時間
最大約5時間30分です。
無料の
保証期間
1年間(引き取り修理サービス、パーツ保証、電話サポート)
価格 33000円(税込)132000円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「ACアダプター、電源コード、保証書」付属
バックライトキーボード (日本語配列、テンキー付き)
クリックパッド (タッチジェスチャー対応)
92万画素Webカメラ内蔵
デュアルスピーカー内蔵
デュアルマイク内蔵
セキュリティ「パワーオンパスワード、
アドミニストレーターパスワード、TPM」内蔵

13万円台で「Core i5-11400H・メモリ16GB・SSD512GB・RTX3050」搭載なのがいいですね!

CPU「インテル Core i5-11400H」・メモリ16GB・SSD512GBのスペックを持つ16.1インチフルHDノングレア(非光沢)IPS液晶搭載ノートパソコンがお値段132000円(税込・送料無料)で購入可能!

しかも「NVIDIA GeForce RTX 3050 4GB (GDDR6)」を標準搭載している上に高速無線LANとSDカードスロットも本体に内蔵してこのお値段ですから、サービス満点な16.1インチノートパソコンですね!

税込13万円台で買える「Core i5-11400H・メモリ16GB・SSD512GB・RTX3050」搭載の16.1インチノートパソコンをお探しでしたら、この「Victus 16(インテル)」さんがうってつけでしょう!

まとめ

iconicon

「Core i5-11400H・メモリ16GB・SSD512GB・RTX3050」のスペックにフルHDノングレア(非光沢)IPS液晶を標準搭載した16.1インチノートが税込13万円台とは、これはまた激熱なモデルを繰り出してきましたね!日本HPさん!

ひとまずは「Victus 16(インテル)」さんのスペックがあれば、書類作成やWEB閲覧・動画閲覧等の日常使いでも高速で快適なパソコンライフが満喫出来るでしょう!

これで税込13万円台は嬉しい価格設定ですね!

13万円台の予算で買える「Core i5-11400H・メモリ16GB・SSD512GB・RTX3050」搭載の16.1インチノートパソコンをお探しでしたら、「Victus 16(インテル)」さんをおすすめします!

↓「Victus 16(インテル)」販売ページ

↓楽天市場でも販売中

↓他にもお買い得品多数並んでます!

スポンサーリンク





<殿堂入り記事>